戌年の絵馬

温暖な和歌山も12月に入ってからは寒い日が続いています。
和歌山市内に比べて岩出市内は山からの北風が強くて乾燥しているように感じます。
朝晩のワンコとのお散歩もなるべく風をよけて歩くようにしています。
ワンコは寒くても散歩は大好きです。

あと2週間ほどで新しい年を迎えますが、来年はワンコの年ですね。
先日、年賀状用の写真を撮るために九度山にある丹生官省符神社に行ってきました。
神社の境内には、大きなワンコの絵馬が飾られています。
神社のWEBサイトはこちら→http://niujinja.sakura.ne.jp/index.html

画像


黒と白の2匹の犬が描かれているのは、弘法大師が高野山を開く前に、黒と白の犬を連れた狩場明神に出会い、
2匹の犬が大師を案内したからだそうです。
絵馬はお正月前後しか飾られていませんが、こちらの絵はいつも有ります。↓
画像


神社に行くには、九度山の慈尊院を目指して下さい。
慈尊院のWEBサイトはこちら→http://jison-in.org/index.html
慈尊院は弘法大師の御母堂をおまつりしています。
安産、子育てにご利益があると言われていて、全国でも珍しくおっぱいの形の絵馬に祈願します。
画像


また、布で手作りしたおっぱいもたくさん奉納されています。
画像


今年も入居者さんに赤ちゃんが生まれましたので、皆元気に育つようお参りさせて頂きました。
この慈尊院の上に丹生官省符神社が有ります。
画像


この階段を登りきると足がワナワナとなります。
階段の上からの景色はこんな感じです。↓
画像


先日のブラタモリでも紹介されていましたが、昔の偉い方々は、紀ノ川を舟で移動してきて、こちら慈尊院からは歩いて高野山をめざしたそうです。
慈尊院の門前では九度山の柿が売られていました。
紀ノ川流域は美味しい柿ができるのですが、なかでも九度山の柿はダントツに美味しいと言われています。
関東のデパートでは一つ千円程する物も有りますが、こちらのお店では一盛り300円でした。
なんて良心的なお値段なんでしょう。そして芸術的な飾り方。
画像

風邪予防にもビタミンたっぷりの柿を食べるように心がけています。
皆様も是非。


ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック