重高齢社会

春分の日ですが、ポカポカ陽気ではなく冷たい雨ですね。
関東では雪が降っています。

一度暖かさを体感すると寒の戻りが厳しく感じます。
特に高齢者は、気温のアップダウンに体がついていかない方も多いのではないでしょうか。
体調管理に気を付けて欲しいです。

先日の新聞に「重高齢社会」という言葉を見つけました。
初めて見る言葉でしたが、65歳以上の高齢者のうち半数以上が75歳以上の後期高齢者になることを
重高齢社会という言葉で説明していました。
(今時、65歳は高齢者では無いような気もしますけれど。)

都会よりも田舎の方が、高齢者の比率が高いのは明白で、
先輩方にはなるべく元気な高齢者でいてもらいたいものです。
その為にも中年頃からの運動や生活習慣が重要になってくると思います。

先日、あるボウリング場で91歳の女性が素晴らしいスコアを出しているのを
見ました。時々お見かけしていたのですが、とても91歳には見えません。
私もその方のように健康で素敵な90代を過ごせたら幸せだと思いました。

というわけで、先日は溝掃除で体を鍛えました。(笑)↓

画像


画像


管理物件の横を流れる用水路。
農業用水なので本来は農家さんの仕事なのかな?
農家さんも高齢化しているのか、誰も溝掃除をする人がいません。
毎年水草が生えて、放っておくと草が成長して水が流れにくくなって臭いのです。

毎年早めに溝掃除をするようになって今回で4回目。
いつもこの作業の後はしばらく筋肉痛で調子を崩してしまいます。
使わない筋肉を使うのでしょうね。まだまだ運動が足りないということでしょう。


ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック