引っ越しと火災保険

お引越しシーズンですね。
週末、車を走らせていると何台か引っ越しのトラックを見かけました。

「わんだふる関戸」「わんだふる中黒」は、お引越しされる方が有りませんでしたので、
只今満室です。有難うございます。

さて、引っ越しの際には荷物の梱包の他にも色々な手続きがあって大変ですよね。
住民票の移動、電気やガスの停止、電話やインターネット回線の移転などは
直ぐに生活に必要なので忘れずに済ませられるかと思います。

では、火災保険はどうですか?
賃貸住宅を借りる際に、不動産屋さんですすめられた火災保険に加入している方が
殆どだと思いますが、転居の際に解約手続きをされているでしょうか。
一年契約や二年契約になっているかと思いますが、
途中で転居した時は、手続きをすればお金が戻ってくる場合があります。
新しい住居でも火災保険に加入されると思いますので、二重払いはもったいないので
保険会社に連絡をして解約してください。

ところで、現在加入されている火災保険では何が補償されるかご存知ですか。
火災保険という名称でひとくくりにされていますが、
家財保険、借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険等が含まれている場合が多いようです。
それぞれカバーできる範囲が違いますので、保険に加入される前に良く理解しておく必要があります。

家財保険というのは、ご自分の所有する家電や家具などの損害を補償する保険です。
例えば、上階からの水漏れや火災などの被害に有った時に使えます。

借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険については、特約になっているようですが、賃貸住宅を借りる際にすすめられる火災保険にはセットになっていることが多いと思いますのでご確認下さい。保険の説明をすると長くなるので、分かり易く説明してくれているサイトのアドレスを書いておきます。興味のある方は是非ご覧ください。
SUMOさんの記事です。→http://suumo.jp/journal/2015/04/01/81155/


借家人賠償では、貸主に対して法律上の賠償責任を負った場合に補償されますが、保険会社によっては貸主との契約に基づいて補修が必要となった場合にも補償される保険商品があるようです。
加入している保険にそのような補償が付いていると安心できますね。

お引越しの際、退去するお部屋に破損個所があれば貸主から原状回復費用を請求されます。
破損した時すぐ貸主に申し出て、ご自身が加入している保険で修理できれば自己負担が少なくて済みます。
時間の有る時に、一度保険証券をチェックしてみてはどうでしょうか。

画像


↑写真のIHコンロは入居者さんの加入していた保険で修理できました。

画像

補償が付いていて良かった~。安心だワン。

ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック