献血

数日前、いつも行くスーパーに献血車が来ていました。係りの方に献血を呼びかけられたので、久しぶりに献血にチャレンジしてみました。和歌山に来てからは一度も献血をしていませんでした。実は、何度か献血をする機会が有ったのですが、献血前の予備検査をすると赤血球の数値が低くて献血ができなかったのです。なので、今回もたぶんゴメンナサイになるかなあと思っていたのですが、予想に反して検査結果に問題は無く、400ミリの献血をすることが出来ました。所要時間はだいたい30分位でした。
20210220112125_p.jpg

冬は献血をする人が少なくなるらしく、またコロナの影響でイベントが減っているため、更に献血の機会が減り、血液が不足しているそうです。
私は、16歳の誕生日に初めて献血をしました。献血は誰でも出来るわけでは有りません。自分が病気だったり、高齢になったら献血は出来なくなります。一度も献血をされたことが無い方が殆どだと思いますが、献血をすることで自分にもメリットが有ります。

献血をすると、血液の生化学検査の結果が知らされます。それを見ることで、自分の健康をチェックすることができます。いわば、無料の健康診断をしているようなものですね。以前は郵送で検査結果が送られてきましたが、今はネットで数日後には検査結果を見ることができるようになっています。

16歳から69歳までの方で、健康な方であれば献血に協力することができます。ただし、65歳以上の方は、60~65歳になるまでに献血をしたことがないとダメだそうです。それと、健康だからと言って、毎月献血することもできません。回数、数量ともに制限があります。私も生きている間にあと何度献血に協力できるかわかりませんが、チャンスがあればまた献血したいと思います。献血の基準について詳細は赤十字のサイトに掲載がありますので興味があればご覧ください。→http://www.jrc.or.jp/donation/about/terms/

ブログ村ランキングに参加しています。ぽちっとクリックお願いします。
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 和歌山県情報へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント